自然風景に魅せられて

風景写真を撮影しています。ヨーロッパ、マレーシア、そして長野県は信州の風景写真を中心に撮影しています。

「EOS R」キヤノンからもフルサイズミラーレス登場。各社ミラーレス市場が熱い

f:id:SATOSHI_A:20180906234353j:plain
こんにちは!サトシです。

プロカメラマンがキヤノンからソニーに鞍替えしてだいぶ経ちました。
理由は、ソニーのミラーレス一眼が素晴らしいからです。

先日ニコンからもミラーレス一眼が出ましたね。
なので「キヤノンはいつ発表するの!?」ってきっとあなたも期待していたのではないでしょうか。出ました、出揃いました。

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R」の発表です。
いやー。久しぶりに欲しくなったカメラです。各社から出揃ったミラーレス市場、熱くなってきましたね。

結論を先にお伝えすると期待できるカメラだと思います。
ちょっとキヤノンがSONYに遅れをとったように、ニコンは今回の発表によりキヤノンが一歩ロードした感じでしょうか。

さっそく「EOS R」について紹介していきます。
キヤノン:EOS Rシステムブランドサイト|EOS R 特長紹介


フルサイズCMOSセンサー搭載

まず気になる画素数は、3030万画素です。
画像サイズは、L(ラージ):約3010万(6720×4480)
長辺6720pxはかなり大きいですね。

EOS 5D Mark IVが、3040万画素のL(ラージ):約3010万(6720×4480)なので、ほぼ同水準の画素数です。
これは価格帯で考えても、5D Mark IVもEOS Rも同じくらいなのでミラーレスを買う人が多そうです。

EOS Rのかっこいい動画

キヤノン公式のEOS R動画になります。
思わず欲しくなってしまう魅力がありますね。


新しくなった「RFマウント」

気になるマウントですが、フランジバックも上手に作られていてEFマウントもしっかり使えます
キヤノンRFレンズ群、およびEFレンズ群
(マウントアダプター併用により、EF/EF-Sレンズが使用可能(EF-Mレンズ使用不可))

ちなみに余談ですが、EFマウントが作られてから30年経過しているそうです。
いろいろな意味で重みを感じますね。

ボディサイズは大きめ

EOS Rのボディサイズは、各社のミラーレス一眼と比較すると大きめです。
キヤノン > ニコンのZ7/Z6 > ソニー α7シリーズ
個人的には、ミラーレスじゃないカメラを使っているので多少重くても「グリップ性能」を重視したいですね。
この辺り、実機をさわって確かめたいです。

RFレンズのラインナップ

新型レンズマウントRFレンズの登場です。
  • RF 24-105mm F4L IS USM(15万5000円)
  • RF 50mm F1.2L USM(32万5000円)
  • RF 28-70mm F2L USM(42万円)
  • RF 35mm F1.8 Macro IS STM(7万5000円)

全体的に明るいレンズが多いですね。
「RF 50mm F1.2L USM」単焦点でこの明るさは気になります!が、
32万5000円て、高くないでしょうか(汗
せめて、せめて、F1.4で10万円くらいだったらなぁと個人的には思いますw
それにしても良いレンズがたくさん出ましたね。

EOS Rのスペック

スペックはISO感度、シャッタースピードなど各社とほぼ同じ。
バッテリーは従来からのLP-E6Nが使えます。(これは嬉しいですね)

測距点の数は、クロスキー選択時で最大5,655点となる。
これ凄まじい数になっていますが技術力が素晴らしいですね。

気になる動画性能ですが、

  • 常用ISO最高25600の高感度撮影
  • FHD60p/HD120p:MP4
  • 5軸手ブレ補正
  • [MFピーキング]と[デュアルピクセルフォーカスガイド]
  • HDR動画/4K/フルHDタイムラプス動画撮影

特にAFの性能が優れていて暗いところでもAFが効くようです。
(この辺り、深掘りしてから追記します)

≪EOS R≫ EOS Rシステム イントロダクションムービー 【キヤノン公式】


EOS Rの発売日

EOS Rの価格は、23万7000円。
2018年10月下旬発売予定です。予約は、2018年9月12日10時から予約開始とのこと。
新レンズは大口径の良いレンズが多いため、高めの価格設定ですけどカメラは売れそうです。
フルサイズミラーレス一眼も盛り上がってきました。今後も楽しみですね。